HOME > 相続でお悩みの方

相続対策は節税だけではないんです!

相続税は特殊な税法です

相続税の課税割合は約4.2%であり、年間に110万人が亡くなるといわれていますので、そのうち約4万7000人しか申告することのない特殊なものです。
税理士登録者数は約7万人ですので、なかには相続税の申告は殆どしたことがないという方もおります。

相続対策は節税だけではありません

相続対策といえば、節税対策と思われる方が多いと思いますが、次の対策も実行しないとうまくいきません。

  • 相続税は納めることができますか?………………(納税対策)
  • 遺産分割でもめない対策はとれていますか?……(分割対策)
  • 人生を楽しむ為の資産活用となっていますか?…(安心老後対策)
納税対策のヒント

生命保険・死亡退職金の非課税の活用
500万×法定相続人まで相続税は非課税

分割対策のヒント

ご家族全員のことをよく考えた遺言書作成
遺産分割の際、遺言が無いと、民法の法定相続人しか拠りどころがありません。

安心老後対策のヒント

毎年の手残り資金重視の資産活用
相続税は安くなっても、将来不安の残る資産活用では意味がありません。

相続税対策のヒント

高度なノウハウを要する対策にも対応できる専門家への依頼が必要

該当する方はご注意ください!

財産のほとんどが土地の方のイメージ
財産のほとんどが土地の方

土地の評価の基となる路線価は、その道路に対する標準的な地形を前提としていますので、個別事情や法的規制等が殆ど考慮されていません。
ですから標準的でない何らかの事情や法的規制等があるのなら、その部分は路線価から引くことができるのです。
この事情等に関する知識の差が評価の差となるのです。

評価の差が出やすい土地の例
  • 500㎡以上の空き地、田畑、山林、青空駐車場等
  • 高圧線下の土地
  • 道路に接していない土地
  • 都市計画道路の予定がある土地
  • 前と後ろで容積率が違う土地等々
子どもや孫名義の預貯金があるのイメージ
子どもや孫名義の預貯金がある

「これは贈与しているものだから、相続財産に含めなくてよい」と考えられていませんか?
これはよく問題になりますので注意が必要です。
預貯金等がご家族等の名義になっていても、税務調査の際に“単に名義を借りただけ”と判断されるケースがありますので、申告の準備段階から税務調査に備えた作業が必要となるのです。

贈与が成立するには、 3条件を満たしているかがポイントです
  • 贈与は双務契約であり、お互いに贈与の認識があったか…贈与契約・申告等
  • 贈与を受けた財産を受贈者が管理していたか…保管場所、預金住所等
  • 法律行為として実体が伴っているか…印鑑が同一でないか、署名は誰がしていたか

相続開始後の申告手続きスケジュール

被相続人の死亡(相続開始)
3ヶ月以内
4ヶ月以内
9ヶ月以内
10ヶ月以内

相続の発生後にも相続対策が必要です

一般的に相続対策というと、生前に行うものと思われがちですが、次のような場合は相続発生後にも意識して分割等をすることで、相続対策になります。

1 配偶者の税額軽減

配偶者が遺産の二分の一を取得した場合は、配偶者については、配偶者の税額軽減という制度により相続税がかかりません。
また二分の一をした金額が1億6,000万円に満たないときは1億6,000万円までは相続税がかかりません。
但し、配偶者の税額軽減を最大限活用した方が有利かどうかは、引継ぐ財産の種類、配偶者の個別所有財産によって、配偶者自身が死亡したとき(二次相続)に違ってきます。
有利不利は一次、二次合わせた相続税額の総額で判断をして分割をすることがポイントです。
なお、相続税の申告期限までに遺産分割が済んでいないときには、配偶者の税額軽減を受けることが原則としてできません。

小規模宅地の評価減

自宅敷地について約72坪(240㎡)までは、要件を満たせば、相続評価上8割の評価減をすることができる制度がありますが、この適用を受けるためには、原則として相続税の申告期限までに分割が整っておく必要があります。

土地の評価単位の利用

2以上の道路に面する土地を2人の相続人が共有で取得する場合と、分筆して2人がそれぞれの土地を取得する場合とでは、分筆して取得した方が相続税が少なくなる場合があります。

延納申請

延納申請は最長20年可能ですが、一定以上の延納申請をしてしまうと、その後分納税額を支払っていけなくなることも生じます。
最大でも1億円までの延納にとどめ、後は物納か、相続財産の譲渡による支払いを考えるべきでしょう。

物納申請

物納が認められる場合とは、他に金銭納付も延納も不可能な場合に限られます。
処分したい土地の物納を認めて貰うためには少しテクニックが必要です。

新着情報

一覧を見る

2012/02/06

これから様々な情報を追加致しますので、これからも宜しくお願い致します。

2011/08/29

只今ホームページ作成中です。